読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

居酒屋での話

サラリーマンの居酒屋話です。ときどき販売促進業務もについて考えます。

2016年面白かった映画

映画 酒場評論


2016年に観た映画で、面白くて心に強く残ったお薦めの映画。
よろしかったら、観て下さい。

 

■ジャージー・ボーイ
クリントイーストウッド監督作品。フランキー・ヴァリの人生を描いたミュージカルの映画化で、歌と人生模様が化学反応のようにスパークする。見終わった後あの名曲を口ずさんでいた。それが、数日続いた。あの有名曲の裏にあるストーリーに感動。

 

■アメリカンスナイパー
帰還兵を描いた映画は多いが、現代に一番近いアメリカの課題を提示している。
狙撃手は遠くから撃つから、相手が子どもや女性でもテロの危険があれば撃たなければ、仲間が殺される。
こうしたアメリカ兵が日本にも派遣され命をかけているのが現実。
子どもを戦争に行かせないとか反対している日本のお母さんは、
この兵隊たちのアメリカのあ母さんに何て言うのか?
ぜひ、日本のお母さんに観て欲しい映画だ。

 

■ヘッドハンター
ノルウエーの犯罪映画だが、セクシーでスタイリッシュ。こういうセンスは初めて。
主人公が168センチで低身長でコンプレックスというのが、
身長170の僕にはショックだけど、良い根性しているし頭もキレるのだ。
もう一度観たくなる映画だ。

 

キャプテン・フィリップス
アフリカ沖の海賊を描いた映画。リアリティー抜群で目が離せない。
武器を持たないということが何を意味しているのかが良く分かる。
一緒に酒を飲めば分かり合えるとか言ってるSEALD'Sの皆さんに観て欲しい。

 

オン・ザ・ロード
高校生か大学1年の時に観たかった。人生の節目で何の本を読み何の映画を観たのかは大きな要因となる。
映画の中の道徳の良し悪しは別にして、人生をどう捉えてどう考えるのか?
自分で体験しないとわからないことがたくさんある。

書く姿が格好良い。

 

■悪人
吉田修一の小説の映画化。詳細はこのブログの9月に掲載。