読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

居酒屋での話

サラリーマンの居酒屋話です。ときどき販売促進業務もについて考えます。

自動運転の未来

■自動運転
損保大手に勤める先輩との居酒屋話。
自動運転になった場合に、事故が起きた場合の責任は、運転手なのか、メーカーなのかが疑問だった。
先輩の意見は明確。近い将来では、完全にメーカーの責任になると言う。
そこから話はどんどん発展していく。
ならば、運転免許に意味は無くなるから廃止になるのでは。
運転席も不要になるから、車の形態も変わるのでは。
そして、昔漫画にあったスーパージェッタ―の流星号みたいに、スマホで呼べば、迎えに来てくれる。
これには全員が感動して大爆笑したのだ。

ワクワクするのだ。